浮気調査は探偵にお任せ!|ラブのトラブルパパっと解決

オフィス

浮気に対する対処法

虫眼鏡

浮気に対する対処方法の一つが「浮気してる?」とストレートに尋ねてみることです。しかし、本来隠すべき行為である浮気を、訊かれたからといって正直に「してます」という人は少ないでしょう。大抵は、とぼける、ごまかす、はぐらかす、などの対応をされるのではないでしょうか。こういう時、写真やメールのやりとりなど、「これはどう説明する?」と出せるような証拠があれば話は違ってきます。相手に不都合な事実を認めさせるには、それを裏付けるようなモノが必要なのです。ここで東京などの探偵に頼むかどうかは、判断に迷うところです。浮気調査費もバカになりませんから、しているかどうか確証がなければ、頼むのもなかなか勇気が要ります。自分で調べることもできなくはないですが、尾行や待ち伏せなど、東京などの探偵が仕事としてやる浮気調査には何の抵抗もありませんが、素人が配偶者に対してそれをするのは、なんとも情けない、みじめな気持ちが先立ってしまうのも人情です。そして、自分で調べた結果、実際に浮気を目の当たりにしようものなら・・それはあとあとまでトラウマになる可能性もあります。

浮気に対する対処方法の一つとして、東京などの探偵に浮気調査を依頼して、証拠を突きつけたらどうでしょうか。これは、浮気している側からしたらぐうの音も出ません。言い訳のしようもないでしょう。「事実を認めさせる」という点においては、これほど強力なものはありません。しかし、「夫婦なのに、東京などの探偵に浮気調査を頼んでまで人の身辺を嗅ぎ回るなんて・・」と逆切れする配偶者も少なくありません。実際ここまでしてしまうと、浮気は認めたとしても、その後の関係修復は非常に難しくなってきます。浮気した自分に原因があるとはいえ、否、自分に非があるからこそ、浮気した側は動かぬ証拠でもって責められることを苦痛に感じ、そこから逃げ出すことに意識が向いてしまうものなのです。こうなると、何が最善の方法かわからなくなってきてしまいます。おそらく、万人に共通の、どの夫婦にとってもうまくいく方法などはないのでしょう。夫婦それぞれの性格、浮気の進行度、その他諸々の要素によって、100組の夫婦には100通りの方法があります。自分の配偶者に対してなにが有効なのか、一番わかっているのは、長年共に生きてきた自分をおいて他にないでしょう。